硬筆書写検定2級 資格取得の攻略法と体験談

硬筆書写検定2級 資格取得に関する勉強方法や体験談などをご案内しています!

  • 資格の概要
  • あらゆる場面を想定して美しい字を早く書くことを求められます

     

  • 資格勉強方法
  • 高校の書道の時間に必修

     

  • 体験談・資格を取得してよかったこと
  • 高校時代の選択授業だった書道の先生が必修としていました。先生が熱心だったので、試1験の前に猛練習させられました。名書や速く美しい字を書くなど多岐にわたる出題があり、それぞれに対する練習をしたので、字を書くということに抵抗がなくなりました。就職試験の際にも、履歴書に書ける資格ですし何よりも履歴書が美しくかけました。面接での印象もよかったようです。社会人になってからも香典や年賀状等、筆ペンで書いたりする場面にはとても役に立ちました。とくに、年賀状では上司が宛名は手書きで書くべきという主義の人だったので、習っておいてよかったと心から思いました。また、子供が小学生になるとまず宿題に出るのがひらがなの練習です。
    うちの子供の担任の先生はストイックに練習させる先生だったので、とても大変でしたが自分でコツがわかっていたので注意する点を教えることができ子供も字に自信が持てるようになりました。硬筆書写検定を持っているからといって、すぐ仕事が見つかるとかというタイプの資格ではありません。しかしいくらパソコンやメールが普及して字を書くことが減ったとはいえ、公の場面ではやはり手書きが丁寧であるとされるのではないでしょうか。そんな時に恥ずかしい思いをしないで堂々とかけるのはメリットが大きいと思います。

硬筆書写検定2級ってどんな資格?攻略法と体験談関連ページ

世界遺産検定ってどんな資格?攻略法と体験談
普通自動車免許ってどんな資格?攻略法と体験談