パソコン整備士 資格取得の攻略法と体験談

パソコン整備士 資格取得に関する勉強方法や体験談などをご案内しています!

  • 資格の概要
  • 一般家庭のパソコンのメンテナンスやアドバイスができ企業におけるLAN構築なども行う

     

  • 資格勉強方法
  • 雑誌などから得た知識に加えパソコン整備士協会発行のテキスト

     

  • 体験談・資格を取得してよかったこと
  • パソコン整備士はIT分野やインターネット社会においてたくさんある資格のなかでも特にハードウェアに重点を置いている資格です。パソコンは家電とは違いデータ消失やインッターネットに接続できなくなったりと技術的に難しい面がありメンテナンスの必要度が高い機器です。このような事態に対処できるスキルを身につけパソコンで構築したシステムを保守できることを証明するための資格です。 この資格をとることによってパソコンがある日突然起動しなくなったりした時に対処し、問題解決することができるようになります。あるいは簡単なネットワークシステムを構築したり、または企業におけるLAN構築やサーバー保守などを行います。また、セキュリティにおける知識もあり対策することができます。 例えばハードウェアの故障が原因でデータを消失してしまったときなどはその救出を自分で試みることができます。また起動しなくなったときはハードウェアの故障箇所を自分で断定することができ問題解決を行うことができます。 求人面ではその知識を生かしてパソコンの修理や販売で重宝されることが多いです。パソコン教室でのインストラクター兼保守として採用されたこともあります。