初級シスアド資格取得の攻略法と体験談

初級シスアド 資格取得に関する勉強方法や体験談などをご案内しています!

  • 資格の概要
  • 一般的な企業で必須とされる情報処理技術能力を証明する資格。

     

  • 資格勉強方法
  • 近所のパソコン教室

     

  • 体験談・資格を取得してよかったこと
  • 私は数年前に初級シスアド(初級システムアドミニストレータ)の資格を取りました。

     

    当時初級シスアドの資格はとても重宝がられていて、情報処理関係の会社に就職する際に有利になると言われていました。初級シスアドに合格するにはかなりの汎用的な知識が必要であり、極めて低い合格率がその難易度を物語っています。

     

    実際、会社の面接の際、履歴書の資格欄に「初級シスアド」を記載しておくと、必ずと言っていいほど面接官の注目を集めることができました。他の応募者より目立つことが出来るので、圧倒的に有利に試験を進めることができました。

     

    会社に就職してからも、初級シスアドを持っているということで職場内の情報処理業務の管理者的なポジションを任されることが多かったです。

     

    就職から昇進にいたるまで、初級シスアドの資格は社内のあらゆる場面で役立ちました。試験に合格するまで相当苦労しましたが、それだけの価値はある資格だったと確信しています。

     

    また、初級シスアドは話のネタとしても役立ちます。

     

    実は初級シスアド試験は2009年に廃止されており、現在はITパスポートという名称に変わっています。もはや初級シスアドという資格には骨董品のようなブランドがあり、その資格を有している希少さを利用して話題づくりが出来るのが楽しいです。